早稲田大学  基幹理工学部情報理工学科  大学院基幹理工学研究科情報理工学専攻

Waseda University Fundamental Science and Engineering

深澤研究室

ホーム >研究業績 > 深澤研究室2017年度研究業績

深澤研究室2017年度研究業績

受賞論文国際会議シンポジウム研究会全国大会その他

受賞

  • インタラクティブ特別賞  渡邊泰宏, 鷲崎弘宜, 本田澄, 深澤良彰, 多賀正博, 松崎明, 鈴木隆喜, “B-to-Bクラウドアプリケーションにおける反復的なデータ駆動型ペルソナ構築の事例研究”, 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム(SES2017), 早稲田大学 グリーンコンピューティングシステム研究開発センター, 2017年9月1日.

論文

  • Rizki Amelia, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Keishi Oshima, Ryota Mibe and Ryosuke Tsuchiya, “An Empirical Study on Relationship Between Requirement Traceability Links and Bugs,” Journal of Software (JSW), pp. 315-325, Vol.12, No.5, May, 2017.
    DOI: 10.17706/jsw.12.5.315-325
  • Daisuke Saito, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Comparison of Text-Based and Visual-Based Programming Input Methods for First-Time Learners,” Journal of Information Technology Education: Research, 2017.
  • Ryosuke Ishizue, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue,Yoshiiku Hanai, Masanobu Kanazawa and Katsushi Namba, “Metrics Visualization Techniques based on Historical Origins and Functional Layers for Developments by Multiple Organizations,” International Journal of Software Engineering and Knowledge Engineering (IJSEKE), Vol.28, pp.1-25, 2018.
  • 深澤良彰, “新しい時代の図書館のあり方-情報技術による支援を中心として”, 情報処理学会論文誌, 教育とコンピューター, Vol.3, No.3, pp.1-7, Oct., 2017.

国際会議

  • Moeka Tanabe, Kenji Tei, Yoshiaki Fukazawa and Shinichi Honiden, “Learning Environment Model at Runtime for Self-Adaptive Systems,” Proceedings of the Symposium on Applied Computing (SAC '17), pp. 1198-1204, Marrakech, Morocco, April 03 - 07, 2017.
    DOI: 10.1145/3019612.3019776
  • Hironori Washizaki, Yusuke Sunaga, Masashi Shuto, Katsuhiko Kakehi, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo and Bastian Tenbergen, “Combinations of Personal Characteristic Types and Learning Effectiveness of Teams,” 41st IEEE Computer Society Signature Conference on Computers, Software, and Applications (COMPSAC 2017), J1/C2 ? Journal First, Conference Second Scheme, Torino, Turin, Italy, July 04-08, 2017.
    DOI: 10.1109/TETC.2016.2526664
  • Taketo Tsunoda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Sakae Inoue, Yosiiku Hanai and Masanobu Kanazawa, “Evaluating the Work of Experienced and Inexperienced Developers Considering Work Difficulty in Software Development,” 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, Kanazawa, Japan, June 26-28, 2017.
  • Masashi Shuto, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Shoso Yamato, Masashi Okubo and Bastian Tenbergen, “Relationship Between the Five Factor Model Personality and Learning Effectiveness of Teams in Three Information Systems Education Courses,” 18th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing, Kanazawa, Japan, June 26-28, 2017.
  • Junko Shirogane, Yuko Iwase, Hajime Iwata, Miho Saito and Yoshiaki Fukazawa, ”A Method for Converting Colors for Color-impaired People, Considering Saturation and Contrast Ratio”, 5th Conference on Multimedia, Interaction, Design and Innovation (MIDI’17), Communication Paper, Prague, Czech Republic, Sep. 03 - 06, 2017.
  • Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Masahiro Taga, Akira Matsuzaki and Takayoshi Suzuki, “Empirical Study on Recognition of Project Situations by Monitoring Application Results of Software Reliability Growth Model”, Fostering Industry-Academic Software Reliability Studies (FIARS) Workshop, Co-located with ISSRE 2017, Toulouse, France, Oct. 23-26, 2017.
    DOI: 10.1109/ISSREW.2017.53
  • Daisuke Saito, Ayana Sasaki, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa and Yusuke Muto, “Program Learning for Beginners: Survey and Taxonomy of Programming Learning Tools”, IEEE 9th International Conference on Engineering Education (ICEED 2017), Kanazawa, Japan, Nov. 9-10, 2017.
  • Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “A Student Placement Predictor for Programming Class Using Class Attitude, Psychological Scale, and Code Metrics”, 25th International Conference on Computers in Education (ICCE 2017), Rydges Latimer hotel, Christchurch, New Zealand, Dec. 4-8, 2017.
  • Yuichiro Senzaki, Siyuan Liu, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, Hiroshi Kobayashi and Masaharu Adachi, “Web Application to Manage and Improve Software Development Projects by SEMAT Essence”, 5th International Workshop on Quantitative Approaches to Software Quality (QuASoQ 2017), in conjunction with the 24th Asia-Pacific Software Engineering Conference (APSEC 2017), Nanjing, Jiangsu, China, Dec. 4, 2017.
  • Ali Sajjad Haris, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Utilization of ICTs in Quality Assurance and Accreditation of Higher Education: Systematic Literature Review”, 6th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE2017), The Education University of Hong Kong, Tai Po, Hong Kong, Dec. 12-14, 2017.
  • Daisuke Saito, Ayana Sasaki, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa and Yusuke Muto, “Quantitative Learning Effect Evaluation of Programming Learning Tools”, 6th IEEE International Conference on Teaching, Assessment, and Learning for Engineering (TALE2017), The Education University of Hong Kong, Tai Po, Hong Kong, Dec. 12-14, 2017.
  • Ryuichi Takahashi, Yasuo Tsurugai and Yoshiaki Fukazawa, “Discovery of Latent Requirements by Using Web Service Composition Techniques”, Hong Kong International Conference on Engineering and Applied Sciences(HKICEAS), Hong Kong, Jan. 24-26, 2018.
  • Shimon Nakamura, Hajime Iwata, Junko Shirogane and Yoshiaki Fukazawa, “Automatic Generation of an Operation Procedure Presentation System Reusing User’s Inputted Data”, International Conference on Human Computer Interaction Theory and Applications (HUCAPP 2018), Funchal, Madeira, Portugal, Jan. 27-29, 2018.
  • Ryosuke Ishizue, Kazunori Sakamoto, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “PVC: Visualizing C Programs on Web Browsers for Novices”, 49th ACM Technical Symposium on Computer Science Education (SIGCSE 2018), Baltimore, Maryland, USA, Feb. 21-24, 2018.
  • Takayuki Yokokoji, Hironori Washizaki,Yoshiaki Fukazawa, “ Proposal on patterns for human heads modeling”, AsianPLoP 2018, Waseda University, Kikui-cho Campus, Green Computing System Center,Tokyo, Japan, Mar.1-2, 2018.

シンポジウム

  • 惣津美穂, 鄭顕志, 深澤良彰, 本位田真一, “自己適応システムにおける要求の動的保証のための二部グラフを用いた制御器作成コストの削減手法”, 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2017 (JAWS2017), 千葉県, ホテル三日月, 2017年9月15~17日.
  • 渡邊泰宏, 鷲崎弘宜, 本田澄, 深澤良彰, 多賀正博, 松崎明, 鈴木隆喜, “B-to-Bクラウドアプリケーションにおける反復的なデータ駆動型ペルソナ構築の事例研究”, 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム(SES2017), 早稲田大学 グリーンコンピューティングシステム研究開発センター, 2017年9月1日.

研究会

  • 小池遼平, 小野康一, 深澤良彰, “定理証明技術を用いたソースコードの補完手法の提案”, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会, 機械振興会館, 東京都, 2018年1月25~26日.
  • 坂本竜, 高橋竜一, 深澤良彰, “仮想マシンのCPU使用率の負荷予測に対する安定度を用いた動的マージン設定手法”, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会, 石垣市民会館 中ホール, 石垣市, 沖縄県, 2018年 3月1~2日.
  • 田中星佳, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “利用環境に適応可能なユーザインタフェースの開発支援”, 電子情報通信学会 知能ソフトウェア工学研究会, 石垣市民会館 中ホール, 石垣市, 沖縄県, 2018年 3月1~2日.
  • Jati H. Husen, Hironori Washizaki, Yoshiaki Fukazawa, “Improving GQM+Strategies with Balanced Scorecard’s Perspectives: A Feasibility Study”, 情報処理学会 第198回ソフトウェア工学研究発表会, 芝浦工業大学, 2018年3月9日(金)~ 10日(土).

全国大会

  • 小池遼平, 小野康一, 深澤良彰, “定理証明技術を用いたソースコードの補完手法”, 第16回情報科学技術フォーラム(FIT2017), 東京都, 東京大学 本郷キャンパス, 2017年9月12~14日.
  • 深澤良彰, 内山博夫, 三宅麻美, “職員の業務構造改革に向けた大学業務基準表の活用”, 大学ICT推進協議会, 年次大会, 広島国際会議場, 広島市, 2017年12月13~15日.
  • 道券裕二, 岩田一, 白銀純子, 深澤良彰, “Webパフォーマンスとユーザビリティの相関関係分析”, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学 西早稲田キャンパス, 2018年3月13~15日.
  • 佐山大輔,岩田一,白銀純子,深澤良彰, “視覚障害者に対するWebページのデザイン意図の伝達支援手法”, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学 西早稲田キャンパス, 2018年3月13日~15日.
  • 津田直彦,鷲崎弘宜,深澤良彰,保田裕一朗,杉村俊輔, “構造的メトリクスによるコードの保守性評価と品質要求に基づく閾値決定による開発コンテキストの考慮”, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学 西早稲田キャンパス, 2018年3月13~15日.
  • 石塚凌,津田直彦,鷲崎弘宜,深澤良彰, 保田裕一朗, 杉村俊輔, “複数組織によるソフトウェア開発において品質を低下させるソースコードの特徴の調査”, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学 西早稲田キャンパス, 2018年3月13~15日.
  • 野寄祐樹,鷲崎弘宜,深澤良彰,鹿糠秀行, 大島敬志, 土屋良介, “バグレポートの検索性向上のための機械学習による文章単位の自動ラベリング”, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学 西早稲田キャンパス, 2018年3月13~15日.
  • 駱?賓,鷲崎弘宜,深澤良彰, “テンプレートに基づく線形時相論理式の生成手法”, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学 西早稲田キャンパス, 2018年3月13~15日.
  • 南雲宙真, 本田澄, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “Travis Torrentを分析することで得られた「継続的インテグレー ション(CI)ツール」の利用状況”, 情報処理学会 第80回全国大会, 早稲田大学 西早稲田キャンパス, 2018年3月13~15日.
  • 和田直人, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, 鹿糠秀行, 大林浩気, “モデル編集操作履歴に基づくモデル変換手法の提案”, 電子情報通信学会 総合大会, 東京電機大学 東京千住キャンパス, 2018年3月20日(火)~23日(金).

その他

  • 深澤良彰, “早稲田大学Cours N@vi と剽窃検知システムTurnitin,” 産学協働による教育関連IT技術の活用事例報告2017, 教育技術開発部会, 大学ICT推進協議会, 広島国際会議場, 広島市, 2017年12月13~15日.

ページの先頭へ戻る